世界の優れたバレエ映像から学ぶビデオグラファー。おそらく日本で唯一リアルタイム色温度変換と、カメラワークにこだわりを持つビデオ業者です。

2015年6月10日水曜日

観るだけからワクワクする感動へ

 ただ映ってるだけではつまらない。 私の演技は出来るだけタイトに、そして、手足は切れない安心サイズ。 基本は全身サイズでも、見せ場の演技は感動的に撮って欲しい。

 これらのご要望をお客様の立場になって考え、確実かつ思いっきりの良さでカッコいい映像を撮っています。

【カッコいい映像】
◎天が空きすぎていない。
◎足元が詰まりすぎていない。
◎心地よい画面サイズ。
◎演技にあわせたリズミカルなカメラワーク。
◎フォーメーションがタイトショットになっている。
◎レヴェランスでは、上半身サイズで撮れている。
◎グラン・パ・ド・ドゥでの正面向きリフトシーンのタイトショットが一瞬撮れている。
◎マネージュを程よいタイトサイズでフォロー出来ている。
◎膝つき決めポーズになっても、ダンサーと一体となって天が空きすぎないズームフォローでカメラワークも決まっている。

0 件のコメント:

コメントを投稿