世界の優れたバレエ映像から学ぶビデオグラファー。おそらく日本で唯一リアルタイム色温度変換と、カメラワークにこだわりを持つビデオ業者です。

2012年1月29日日曜日

シャープに撮れるシャッタースピード

 東京と大阪では、周波数が違います。 それを知らないで撮影するとチラツキ現象、いわゆるフリッカーが発生します。 当方は、ダンス系の撮影では常にシャッタースピードを1/60ではなく1/100にしています。 そのことにより地域が変わっても何の問題も混乱も起きません。 また、シャッタースピードを1/100にしたことで、シャープに撮れ静止画取りをしても有利になりましたね。

 当方では、ハイライトシーンとして静止画など作成し編集させて頂いております。ビデオカメラの通常は1/60ですが、静止画にするとブレてしまいます。 1/125にするとパラパラ感が発生し違和感を感じます。なので、シャッタースピードを1/100にしています。 お蔭様で、最高の瞬間を写真カメラマン同様に選択でき、大好評を頂いております。

 この編集は何年も前からしておりますが、ダンサーのお気持ちが手に取るように理解出来るようになりました。 そして、アラベスクの足がもっと高く上がるのに、うっかり上がらなかったりしていることが分かり、その静止画は使わないなど心配りをさせて頂いております。

0 件のコメント:

コメントを投稿